いつもの様に、取り急ぎ記念撮影のSSを上げておきます。
012118 231538 012118 231607
今回はルアーブルの岸壁で、釣りをしたりしながらの撮影をしてみましたので、左右で分割しております。

3日間お疲れ様でした。

※ここから追記

すっかり「いつもの場所」と化したダブリン大海戦(南北ブリテン島)
組み合わせはイング・ヴェネ・オスマン連合VSフラ・ポル連合。
人数的にも要塞ポイント的にも劣勢は免れないだろうと内心では覚悟しておりました。

ある意味で一番厳しかったのは初日でしょう。
何と言っても参加人数、その差1.5倍、要塞で600対200の400点ビハインドの上で、この戦力差では凌ぐだけで精一杯でした。
地理的な条件から要塞戦で先手を打たれるのも痛いところでした。
が、開始5分でルアーブルの防御が消し飛んだのは流石に焦りました。
そこからはひたすら粘りの防衛戦、こちらの工作隊が成果を上げてくれることを祈りつつ、物資のバザーと輸送でした。
耐久回復用の鉄材も買い出しに行かないと枯渇しそうだったのは、久しぶりの事態だったかもしれません。
それでも何とか陥落を阻止しての初日終了でした。
011918 230528

展開が大きく変わった2日目
スコアの差が大きいことから、NPC狩りでは多少有利になるとは思いましたが、フランス陣営の参加者が増えた事で戦力が整い、
次に工作を仕掛ける要塞を検討した結果、マンチェスターを標的に選出、気持ちを切り替えて臨みました。
小型の間は要塞戦の綱引きが続きましたが、この日はフランス連合にも戦艦隊が揃っていたためイング陣営の砲撃を阻止し続け、さらにルアーブルとカレーに分散して工作があったため、1個あたりの圧力は低下。
構築艦隊でフォローが十分可能となりました。
流れが大きく変わったのは中型が30分を迎える頃でした。
フラ連合の工作隊が次々と各地の要塞を攻め、虫食い状態にしたため、次第にイング連合で構築に回る艦隊が出始めて、こちらへの工作がゆるくなったのです。
要塞戦の綱引きに勝った瞬間でした。
艦隊戦の勝利数もこの日はうなぎ登り、どんどんポイントを追い上げて追い上げて
012018 230320
この日単独で見ればほぼ互角の戦果となりました。
主導権を得て、自分たちのペースで戦えたという実感を得て、どことなく気分も明るくなっての終了でした。

3日目もまた激闘。
イング陣営の工作は序盤からほぼルアーブルに集中、対人もほぼルアーブル前が主戦場、まるでルアーブル防衛戦のようでした。
しかし昨日の勢いが残っていたフランス連合、不沈要塞ブリテン島に風穴を開けるべく果敢に仕掛けて、主導権を徐々に奪っていきました。
マンチェスター・プリマス・ポーツマスと攻め続けましたが、イング陣営も対抗し封鎖や構築をしてきました。
浮沈要塞は伊達じゃない!と言ったところでしょうか。
敵の要塞艦隊を振り回すために仕掛けた複数工作が若干裏目に出たのかもしれません。
さじ加減の難しいところです。
012118 230324
届かなかったとはいえ、初日を思えば大健闘だったと思ってます。

お互いにナイスガッツとサムズアップして終わった、そんな大海戦だったと思います。
いい試合でした。
2018_01_24

速い!

category: 航海日誌  

011018 220624
ついに冒険レベルが75になりました!ヽ(=´▽`=)ノ
上限解除をしたことで85まで上げれるようになりましたが、これはいつになるやらw

ともあれ冒険75となれば巡航ハイクリッパーですよ!
011118 235646
ジャーン!
これは補助帆などの船部品を付けていない状態。
強化値はこんな感じ
011118 235653
納得の出来です。
011118 235732
各種船部品を付けた状態の数値がこちら。
走らせてみるとこれが速いこと速いこと。
部品代などで合計250Mほどかかりましたが、大海戦終わったら稼ぐとします。
リビルドは…もうしばらくしてからでもいいかな?

2018_01_12


大学スキルを使用して、まだ未発見のクエストを優先してこなす日々です。
あちらこちらに移動しているため、行く先々で気象現象に遭遇します。
ことのついでなんで、それも発見しながらになります。
まあ、タイミングがずれてしまって、しばらく待ちぼうけ、なんてこともよくある話ですw
110417 232035 110417 232110 110417 232122
トレジャーハントで出向いたバビロンの空中庭園。
遠くに霞んで見えるバベルの塔、難易度高めのトレハンですが、これは一見の価値ありでしたね。
122117 214156
続いてはグアムで見つけた気象現象から1枚。
それまではいつも通りの空だった所に、急にピカーッ!っと現れる謎の光。
出た瞬間は「おおー」となりますね。
122517 213413
同じく気象現象で1枚。
クガリの海岸に現れるのですが、これいわゆる「波の花」に近いものなんでしょうか。
突然海岸が見えなくなるくらいに“もわもわ”とした何かが出てきます。
122517 235928
そして青く燃える山。
これは発見に成功したものの、どこがどうなっているのか見つけにくかったですね。
遠くの山の頂上がこうなっているので、カメラアングルをいじってみてSSに収めることが出来ました。
101517 233537
あとは発見物じゃないけど、ロッキー山脈まで行った時。
これは中々の絶景ポイントなんじゃないでしょうか。
移動範囲は狭いけれど、高低差が激しくて、登山してる感覚になります。

目指す冒険レベル75まではあと8万ほど、慌てず騒がずやっていきます。
2017_12_28


時間が取れる時にはひたすら冒険クエストで発見物増やして、レベル上げを続けています。
冒険75で乗れる巡航ハイクリッパーを目指してです。
特筆するべきものとしては、やはり「アトランティス」絡みのエピソードをクリアしたこと。
110617 235542
以前はザナドゥが前提だったこともあり不可能だったのですが、仕様変更で緩和されて無事クエストを引き、
なんやかんやあってーの
111017 212158
太陽の船完成、隣りにいる船と比べたらなんと小さなことか…
しかし乗り込んで海域が変わると
111017 212500
あ、ありのまま今起こったことを話すぜ。
俺はリスボンから出港してマディラ沖に入ったと思ったらメキシコ湾にいた(以下略
いやあ初体験なだけにこれは驚きましたね。
111017 212613
アクロポリス…WRCを思い出す名前ですね。
111017 213712
そしてポセイドン神殿。
思わず聖闘士星矢を思い出すオッサンでありました。
事のついでとばかりにトレジャーハントも実施、発見クエストまでたどり着いたのですが、ここで大海戦を挟みました。
日程的に残りは1日、意地にかけて最終日にダンジョンアタックを敢行しました。
(多分、誘われなかったら延々と潜っていただろうと思いますw)
112017 224633
上のSSで提督服のままなのは着替える時間も惜しかったからです。
挑むこと数回、やっと特別な部屋を発見、無事にトレジャーハントに成功で一安心。
何しろポセイドン神殿の大迷宮の中にある「特別な部屋」でしか発見できないというこのトレジャー、逃したら次の機会はいつになるか分かりませんでした。
まだクノッソスの大迷宮には挑んだことがないので、この手の大迷宮は初体験でしたが、何が辛いかって体力の上限がどんどん減っていくこと。
気がつけば上限が本来の半分にまで落ちていたりして、これのせいで深度が増す度に戦闘がきつくなっていきました。
レベル的には大して強くもないんですがね…
仕掛けを解いて回るより、速攻で敵を倒して安全を確保したほうが良いなと感じました。

しかし冒険レベル75にはまだまだ遠いです。
単純に経験値を稼ぐだけなら割のいいクエストを何度も回すのが効率的なんですが、それではモチベーションを保ちにくいので
出来るだけ未発見のクエストを優先してやってます。
年内での達成は…無理だろうなあw
2017_12_03


アントワープが対象になったイングVSネーデルの大海戦、縁あってイング陣営への傭兵参加となりました。
いつもの様に鉄板作って、鉄材仕入れてと段取り整えて、事前集会から参加してました。
傭兵だし気分的にはかなり楽だ、最初はそう思ってました…

初日から波乱含みの展開。
うなぎ登りに伸びるイング陣営の勝利ポイント、おそらくですが相当な数のN狩りが行われて、ポイントを伸ばした模様。
111717 230722
要塞で200点のビハインドを物ともせず事実上の圧勝の結果。
ただ要塞戦の綱引きはややイング陣営が劣勢、これがその後の2日間に与えた影響は大きいものがありました。
鉄板の売れ行きは中々のものでしたが、ほぼプリマス集中だったため、防衛はそれほど難しくはなかったかな。

2日目になって、状況は一変。
プリマスへ速攻を決められて徐々に防衛一辺倒に傾くイング陣営。
要塞戦の綱引きに完全に負けて、攻勢へ転じる糸口を掴むことは出来ませんでした。
辛くも陥落こそ防ぎましたが、攻撃も防御も0で砲撃させないように艦隊集めて、その間になんとか構築で凌ぐ事に。
途中から鉄材の在庫がヤバくなって、やむを得ずダブリンまで買い出しに走りプリマスとの間でひたすらピストン輸送。
副官バザーに陳列して再度買い出しに洋上へ出たら売れる、この繰り返しでした。
111917 230352
僅かなリードで2日目終了。
鉄板の補充が必要だったので、この日は速攻でセカンドに交代してました。
(手持ちと共有をあわせて合計約100枚に加えてセカンドに所持させてた約30枚、これらが完売、さらに途中でセカンドからの空輸もありました…何枚売ったのやら)

そして3日目。
もはや点差は無いも同然。
両陣営ともこの日の戦果が勝敗を握る状況となりました。
イング陣営はロッテルダムを攻め、一方ネーデル陣営はプリマスを攻める。
さらに互いにメインとは別の街にも工作を仕掛けての両面作戦で、がっぷり四つに組んでの構図となりました。
自分がいたドーバーはここまで比較的平穏だったのですが、この日はどんどん工作されて要塞はボロボロ、おそらく本命ではないと思ったのですが、海域が狭いためいつ矛先が向くか分からないので、構築に手を抜くことは出来ませんでした。
しかしこの日は工作隊が奮戦、2日目と違い要塞戦の綱引きは徐々にイング陣営に有利に傾いてきました。
111917 230347
公式には引き分け、わずかに勝利ポイントはイング陣営が上回っての終戦。
初日の貯金でなんとか逃げ切ったと言えるでしょう。

111917 231543 111917 231737
傭兵参加でありながら3日目は、つい熱くなりいつもの調子で喋りまくってしまいました。
申し訳なかったです。
111917 232410
お疲れ様でした。
2017_11_21


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

ギルダー

Author:ギルダー
サーバー ASTRAIOS
職業   色々(仕立師・工芸師・香料商人・銃士etc)
レベル  75/85/72(海軍大将)
生産技能 縫製マイスター・工芸マイスター・保管マイスター
商会   ブルーオーシャン会長(リスボン)
     ※商会員募集中!ご相談下さい

当ブログへのリンクはフリーです、が・・・
一言コメントを下さると管理人が喜びますw。

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです

当ブログは大航海時代Online公式ファンサイトです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top