今日の一言「それは血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ・・・」

何の事かと思う人がいると思いますが、ただの愚痴です。流して下さい。

相変わらず南蛮貿易をやっています。
目的は「稀代の資産家」の称号、そのための朝鮮での貿易貢献度上げです。
「稀代の資産家」になるには銀行に貯金800Mと南蛮貿易の出来る4地域全ての貢献度がMAXであること。
らしいです。
この前提でクリア出来ていないのは朝鮮での貢献度だけ。
だけどこれが中々厄介です。
他の地域と違って貿易をしている人が少ないのかよく不景気になるし、交換率も全体に良くないことが多いです。
日本や華南と違って欧州で高額な交易品が無いせいでしょうか。

称号手に入れたら、金塊掘ってなめし皮の袋貰うんだ・・・
2014_09_24


ロンドンでのアフロ楽団でございます(´∀`)
092014 220100
いつもの広場噴水、いつもの顔ぶれ。
前回のセビリアがバザーイベント共催だったから、今回の人数が寂しく見えるけれど、これがいつものアフロ楽団。
092014 220121
色々な事をやっている自分ですが、この時間が一番気楽で、等身大の自分でいられる大事な時間です。
092014 221648
ガンダムな話題をしていると・・・
092014 222623
それにちなんだキャラ名の方が通りすがりましたw
偶然なんですが、こういうのも楽しみの1つでありますw
092014 224706 092014 224818
092014 230348
急速に秋の気配が漂ってきましたね。
自分が住んでいる地域では最高気温が20度行かない日も増えてきました。
過ごしやすい時期ですが、短い秋が過ぎるとあっという間に冬、9月ももう末だし、時が経つのは早いものだと痛感します。
092014 231718
アフロ楽団ロンドン公演の様子をお届けしました。
次回はまた再来週、マルセイユでの公演を予定しております。
またお会いしましょう (´∀`)ノシ バイバイ
2014_09_21


大海戦で1週間伸びてしまいました。
今週末がアフロ楽団、ロンドンでの公演になります。

9月20日(土曜)22:00~
ロンドン広場噴水


皆さんお時間ありましたらお立ち寄り下さい (´∀`)ノシ 
2014_09_17


週末3日間行われました、サントドミンゴ大海戦。
皆さんお疲れ様でした。
タイトルにも書きましたけれど、個人的にはとにかく予想外と言うか想定外の事が多かった戦いでした。
ざっと振り返りましょうか

・前準備
事前会議をやってサンフアン(ずっとサンファンだと思ってました、9年近くやってるのに・・・orz)を橋頭堡とすることになりました。
一応外洋への遠征になるので事前会議は水曜に済ませて、木曜は移動日にとしていたんですが、木曜日にログインして
まず最初の「想定外」が発生。
なんとサンフアンで大投資戦が発生、ポルトガル同盟港となったのです。
大投資戦となれば普段あまり投資をされない方も投資に来たりするので、これはある意味好都合でした。

・1日目
二つ目の「想定外」がログインしてすぐに判明。
サンフアンだけだと思っていた自軍要塞ですが、なんとサンティアゴも同盟を確保、自軍要塞になっていたのです!
要塞ポイントで同点になったのは戦略上有利ではあったのですが、その分事前構築に参加した方にはかなりの負担をかけてしまい、毎度の事ながら手伝えなかったのを申し訳なく思いました。
そしていざ開戦。
ここで個人的には3つめの「想定外」は敵側の工作が少なかった事。
てっきりイスパ側は打って出てくると予想し、本陣としたサンフアンから遠く孤立しがちなサンティアゴに対して警戒をしていたのです。
しかし蓋を開けてみれば工作があったのは小型で少しだけ。
こちらが出来るだけ攻めることを重視した事で主導権を確保出来たからなのでしょうか。
サントドミンゴ陥落まで今一歩という所まで攻めたのですが、土俵際で驚異的な粘りにあい惜しくも陥落はならず。
しかしながら艦隊戦で終始優勢を確保、おそらく一週間ずれたことでEosからも多くの参加者があったこと、さらに傭兵参加が両軍に上手く分かれた事が相まって、参加人数の多さがこちらに有利に働いたと思われます。
約200点近いリードを獲得しての終了。

・2日目
土曜日は一番参加者が多い日。
ここでどちらの陣営が優勢を獲得するかで3日目、引いては全体の勝敗を決しかねない「天王山」なのです。
ドミンゴへの攻撃を更に集中するようにして、工作・砲撃・指令制圧を三位一体で行うように告知と周知を念入りにする事に。
過去幾度と無く悩まされてきたイングランドの封鎖艦隊で名を馳せてきた方がこちらの陣営に参加してくださり、そこから色々なノウハウを勉強させていただいた事は幸運でした。
「攻撃は最大の防御」だとばかりに遮二無二サントドミンゴ攻撃を慣行しましたが、しかし敵も然(さ)る者でした。
艦隊を差し向け構築用の指令を確保しようとし指令NPC周辺で激戦、さらにギリギリのラインで大量に物資を投下して
土俵際で粘る。一時サントドミンゴのステータスは0/0/5というラインまで行ったのですが・・・
とはいえ、この日も艦隊戦闘はこちらが優勢に推移し、1日目以上の勝利を挙げる事になりました。
MVPも2日連続で自軍陣営から輩出し、反省会でもやや勝利ムードが漂いつつ終了。

・3日目
イスパニア陣営の捨て身の攻撃に警戒をしながらの3日目。
艦隊戦の小型~中型で苦戦を強いられます。
戦況がポル陣営優位なため、NPCの湧き具合でかなり左右されたの一因でしょうか。
しかし中型の終盤にかけて逆転、大型で引き離すという展開。
元々ポルトガル陣営は対人に関しては総じてレベルが高いと聞いており、そこが最後に差をつけたのでしょう。
要塞戦もまた苦戦でした。
イスパニア側の指令制圧に向かった艦隊が多数の敵に囲まれ危機的状況に。
それを援護するためにこちらも戦力を移動させる事になり、サントドミンゴ前とサントドミンゴ北のイスパ指令Nの2点で激闘が続きました。
封鎖艦隊が敵艦隊と交戦しているあいだに構築隊がすり抜け、ドミンゴへの構築に入ったりしたようで、中々効果的な要塞攻撃が出来ない状況が続きました。
それでも0/0/20程度まで追い込み、あと一歩!という所だったのですが、惜しくも陥落はなりませんでした。

敵要塞攻略こそなりませんでしたが、しかし全体を見れば終始ポルトガル陣営が優勢、自軍の要塞も落ちることなく終戦。
イスパニアの聖域であるカリブ海での戦いという事を踏まえてみると、大勝利と言っても差し支えないのではないでしょうか。
091414 232443

091414 231434
祝勝の記念撮影@サンフアン!
091414 232324
いつの間にか囲まれていたぞ!w

両軍全ての参加者の皆さん、3日間お疲れ様でした!
今朝起きたら人生初のぎっくり腰を起こしてしまったギルダーでした・・・腰痛い orz
2014_09_15


週末が大海戦になりました。
場所はカリブ海、サントドミンゴ。
過去の記事を振り返ると、2013年の8月に同じ場所で大海戦が行われていましたね。
その時は、要塞戦では優位に立ったものの、惜しくも100点差の負け(公式には引き分け)で終戦となってました。

カリブ海には要塞を構築するための物資に乏しく、守ったら負ける戦いになるかもしれません。
(ポートロイヤルには木材があるけれど、海賊島ではね・・・)

クエストを請ける事の出来る町、つまり橋頭堡の確保は非常に大事になります。
戦闘海域にあれば集合なども楽ですが、イスパさん側だって黙って軒先を貸すような事は無いと思います。
そんなの虫のいい話ですからね。

久々の主催大海戦、司会だとか色々やる事もあります。
しっかり気合を入れて臨みたいと思います。
2014_09_09


08  « 2014_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

ギルダー

Author:ギルダー
サーバー ASTRAIOS
職業   色々(仕立師・工芸師・香料商人・銃士etc)
レベル  72/85/72(海軍大将)
生産技能 縫製マイスター・工芸マイスター・保管マイスター
商会   ブルーオーシャン会長(リスボン)
     ※商会員募集中!ご相談下さい

当ブログへのリンクはフリーです、が・・・
一言コメントを下さると管理人が喜びますw。

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです

当ブログは大航海時代Online公式ファンサイトです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top