ダブリン大海戦~不沈要塞を攻略せよ!~

category: 航海日誌  

イスパ陣営へ連盟となったので、参加。
しかし、場所の関係で守る要塞は無し、ブリテン島領地要塞陥落を目差してひたすら攻める事となりました。

事前会議を経て、洋上で転用品を売りながら情報収集をしようかと思って準備をしたのですが、初日開始早々に遅刻対応をする人がいないと判明、やろうか?と言って下さった方も急遽出撃する事になったので、集合場所であるカレーまで引き返して自分が窓口対応をする事になりました。

初日は・・・ちょっと足並み揃わなかった感じでしたね。
イング陣営は全力で守りに入っていて、こうなるとそう簡単には落ちません。
600点のビハインドを抱えている以上、総合成績でまともに勝てるとは思っていませんでしたが、せめて要塞陥落だけでも!と
勝負を挑んだわけです。
が、しかし、何らかの形でいいから、「こうしよう!」と言える人がいたほうが良いんですね。
足並みが揃わなかった事で攻撃が散発的になり戦果には繋がりませんでした。
ただ、艦隊戦の勝利数はイスパ陣営が上回り、もし仮に要塞分のポイントが無ければ、勝利となっていたであろうというのは
モチベーションに繋がる材料だったと思いました。
072516 220058

2日目になって、イスパのリーダーOさん(仮名)が参戦。
リアル都合がある以上仕方ないですよね。
リーダーが来た事である意味、この日からが本気。
勝利数などから見て、こちらのほうが若干人数が優勢であろうという事で、2点同時攻撃を敢行。
エディンバラとポーツマスが戦場となりました。
ある程度までは上手くいったと思います。
防御力を減らし、攻撃力も減らし、あとは耐久力を!と言う段階までは進みましたが、やはり最後のトドメにまでは届きませんでした。
集団でやってくる構築隊の阻止が上手くいかず、続々と入港され回復を許したからでしょう。
しかし、2日目も勝利数はイスパ陣営が上、対人を主とするかたには、中々いい戦いになったのではないでしょうか?
072516 220101

3日目、ポイントでは負けているものの、士気は高かったです。
特に要塞チャットの中には「なんかいけそうじゃね?」という空気があったように私には思えました。
2日目と同じ展開でしたが、終盤に差し掛かった頃にポーツマスへの総攻撃へ移行する事になり、戦況が動きました。
独自に陽動を仕掛ける艦隊はそのままに、主力をポーツマスに集中、イスパ側の指令NPCが近いこともあり、工作はかなりいい線までいきました。
一番減った時で20/0/70程度までは減ったと思います。
何度かイング陣営の構築を止めたとの報告もありました、砲撃もどんどん行われました。
おそらく、これまで数回あったブリテン島攻防戦のなかで、最も陥落に迫った場面ではなかったでしょうか。
しかし、残念ながらそれでも届きませんでした、無念です。
072516 220104

ですが先にも書いたとおり、600点のビハインドを抱えたスタートで勝率4:6というのは十分誇れると思います。
艦隊勝利数で大きく勝ち越したことが要因なのは言うまでもないでしょう。
要塞戦が大きく取り上げられて久しい大海戦ですが、艦隊戦闘での勝利・対人艦隊の成績をないがしろにしてはいけないと
改めてそう思わせられる結果でした。

2016_07_25

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ギルダー

Author:ギルダー
サーバー ASTRAIOS
職業   色々(仕立師・工芸師・香料商人・銃士etc)
レベル  73/85/72(海軍大将)
生産技能 縫製マイスター・工芸マイスター・保管マイスター
商会   ブルーオーシャン会長(リスボン)
     ※商会員募集中!ご相談下さい

当ブログへのリンクはフリーです、が・・・
一言コメントを下さると管理人が喜びますw。

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです

当ブログは大航海時代Online公式ファンサイトです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top