鋼鉄の城

category: 航海日誌  

3日間のシエラレオネ防衛戦お疲れ様でした。
112811 001158
結果はご覧の通り
で、今回感じた事、分かった事などなど

・要塞が硬い!
 以前の要塞が紙のハリボテとすると今回からの要塞はまさに鋼鉄の城。
 工作で防御が半分近く(場合によっては30%程度まで)減らされたアビジャンとシエラレオネの要塞
 しかしそれでも陥落はしませんでした。
 艦隊による砲撃阻止の機能、数回の経験を積んだ事で慣れてきた構築支援といった要素
 そこに今回の超強化された要塞が合わさり、本当に難攻不落となった感じがします。
 要塞なんだからこのくらい硬くてもいいよね。
・やっぱり数に勝る力はない
 今回も動員人数で比べたらイング連合はポル連合の1.5倍いました。
 オスマンがポル連合についてくれたにも関わらずです。
 初日こそ1点差という非常に僅差でしたが、2日目で大きく水を開けられる結果に・・・
・ワールドチャット「大海戦」
 まず人数に制限がない、これ大事です。次に勧誘の手間が要らない、これが凄く楽。
 多くの人が参加できる事で情報ログの見逃しが減るわけで、待ち望んだ甲斐がありました。
 え?他国の人が別アカとかで見れるだろって?
 はっはっは、そんなのお互い様でしょうw
・NPCの沸きが偏る?
 要塞の分の勝利ポイントが最初から加算された状態で戦闘が始まるので、要塞を多く抱える側のNPCが
 参戦人数の多寡に関わらず多く沸くことに。
 今回の場合、ポル連合200:イング連合100の状態から始まったのですが
 参加人数に勝るイング側がNPC狩り放題、劣勢のポル側が最初からNを探し回る事に。
 ここはちょっと考えて欲しいところですね。
・ローマンガレー
 小型に追加された新船ローマンガレー、強化回数10回というある種のトンデモ性能です。
 白兵能力はさすがの一言で、白兵の得意な人が乗るとかなりの脅威。
 しかし耐久と装甲に難ありで、そこが弱点だそうです。
 砲撃のガンボートか白兵のローマンガレーか、得意分野や艦隊の傾向で選んでみるのも面白いかも?

国家同士の勝敗はさておき、様々な意味で楽しめたのではないでしょうか。
しかし構築とかの事を考えたら、小型と中型の船も用意しなきゃいけないかなぁとピンチのアビジャン要塞に
物資を運ぶ時に思ったのでした。

2011_11_28

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ギルダー

Author:ギルダー
サーバー ASTRAIOS
職業   色々(仕立師・工芸師・香料商人・銃士etc)
レベル  73/85/72(海軍大将)
生産技能 縫製マイスター・工芸マイスター・保管マイスター
商会   ブルーオーシャン会長(リスボン)
     ※商会員募集中!ご相談下さい

当ブログへのリンクはフリーです、が・・・
一言コメントを下さると管理人が喜びますw。

(C)2005-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです

当ブログは大航海時代Online公式ファンサイトです。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索




page
top